スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木型を使った革成型 

オカダデザインさんで扱っていただいている名刺入れ

WC1.jpg

こちらは名刺を入れる部分を立体的に加工しています。

この加工は革を濡らし、木型で絞り出す事で製作しています。

まずは木型ですが、

WC2.jpg

WC3.jpg

大雑把に切り出した状態です。
加工のしやすさからMDFという材料を使っています。

ヤスリを使って形状を整え、角も削って表面を滑らかにします。

WC4.jpg

ここで注意点!木型の成型が終わったらニスやラッカーで表面に防水加工をします。
今回使ったMDFという素材は木の繊維を接着剤で固めたようなもので、言ってみれば分厚くて硬い紙です。
そのため水や湿気に弱く、水を吸うと膨張して柔らかくなってしまいます。



木型の防水加工が終わったら革の成型に入っていきます。

WC6.jpg

内側の木型。
この上にしっかり濡らしたタンニンなめしの革を置きます。

WC5.jpg

そして外側の木型を乗せて、

WC7.jpg

押します!!!

WC8.jpg

裏側はこんな感じです。

WC9.jpg

もともと四角だった革の角の部分が伸びているのがわかります。
まさに絞り出し!!!

木型を外すとこんな感じです。

WC10.jpg

周りには多少のシワが出来ます。
今回はハギレ部分を使ったのでかなり大きいシワですが、使う部位や、裁断方向、木型の形状等でシワを少なくすることもできますので、いろいろ工夫してみてください。

絞り出しが終わった革は濡れた状態ですのでそのまま乾かすことになりますが、型から外して放置しておくと縮みや変形が生じます。
そのため型にはめたまま乾かすのが理想です。

革が完全に乾いたら革の成型は完了です。

スポンサーサイト

コメント

凄いね・・・

これはやってみたかった・・・
解説もわかりやすくてGood^0^

やってみます!!

Re: 凄いね・・・

ありがとうございます。
ざっくり説明ですが・・・笑

これはいろんなアイテムに応用できるのでぜひやってみてください。

凄い

素敵すぎる!
画像を踏まえたナイスすぎるご説明に感謝です。
僕もこんな感じでなにか作って見ようと思います、有難うございますm(_ _)m

Re: 凄い

はじめまして!
こちらこそありがとうございます!
コメントいただけると自分もやる気がでてきます(^^)
木型が結構大変ですが頑張っていい物作ってください<m(__)m>

へー

こうやるんですか。いつかパクらせて貰おうかと。革は特に濡らしたりせずにこんなにの素直に伸びるもんなんですか?

Re: へー

コメントありがとうございます。

革は濡らしてあります!
濡らして加工し、その形のままで乾かす事で形を維持しています。
タンニン鞣し革の可塑性が必要なので、クロム鞣し革等ではできません。
あと濡らすしてから乾かすまではカビが発生したり、シミになりやすかったりするので注意が必要です!

是非やってみてください(^^)

企業秘密でなければご教授願いたいですが、木型に純木を使わないのは何故ですか。加工しやすいとか。

Re: タイトルなし

おっしゃる通り加工がしやすいからというだけです!
MDFは水にとても弱いので、しっかりした木型を作るのであれば普通の木材を使った方が確実です。
ただ自分の場合木材加工はど素人ですし、まともな工具も無いので加工のしやすいMDFを使っています(^^)

はじめまして!
ちょっと古い記事にコメントつけてすみません。自分も木型作ろうと思ってたのでとても参考になりましたありがとうございます!
それで一つだけわからないことがあるのですがよろしければ教えていただけないでしょうか?
木型の凸と凹の隙間って何ミリにするとかはやはり革の厚みによるんですか?例えば2mmの革使うなら隙間も2mmは、あけておかないといけないもんでしょうか?
よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

はじめまして!
コメントありがとうございます(^^)

隙間は革厚にもよりますし、絞り出す形状等によっても違ってきます。
隙間が狭すぎると革を押しだせなかったり革に傷がついたりしますし、広すぎると革がよったりしてきれいに絞り出せません。

参考までにこの記事の場合ですと、使っている革は1.5mm厚で木型の凹と凸の隙間は四方とも2.5mmずつです。
ですので革厚+1mmの隙間になります。
似たような形状や革厚ですと大体そのあたりを基準にいけるかと思いますが、もっと厚い革や特殊な形状の場合は自分も何度か試行錯誤しないとしっかりした木型を製作することができません。

参考になれば幸いですm(__)m
木型作り頑張ってください!

おはようございます。
レスありがとうございます。すごくよくわかりました。僕もいつかGEORGEさんみたいなかっこいい名刺入れ作ってみたいです!
またちょくちょく遊びに来ますね。

ぴこぴこさん

こちらこそありがとうございます!
作り方の記事とかにコメントや質問あるとやはり自分もうれしいもので(^^)
またよろしくお願いします!

ありがとうございました。

はじめまして。

私も革はどのように成型するのかで悩み、色々と情報を探してこちらにたどり着きました。

実は、人生初のレザークラフト挑戦で、懐中時計のケースを作ろうと計画中だったのですが、革の成型を検索していてこちらに辿り着きました。
記事を参考にして時計ケースの木型を作成し、キレイに革を曲げることができました。
おかげで自分では初めてとは思えないほどの作品を仕上げることが出来ました。

こちらのサイトに出会わなければ、私の初作品はもっと違うものになっていたと思います。
おかげでレザークラフトにハマってしまいそうです。

本当に素敵な情報をありがとうございました。

うぇっつさん

はじめまして!
コメントありがとうございます(^^)

初レザークラフト&作品完成おめでとうございます!
懐中時計のケースですか!いいですね~!!!
革の成型は木型を作るのが結構大変ですが、その分作品の完成度も上がりますね(^-^)

これからどんどんレザークラフトにハマっていってください(^^)笑

勉強になりました!

レザークラフトをやっていくと、型の為の木工や金具の為の銀細工など、実は多方面の技術を同時に必要とするケースが多々ありますね。
私はまだ始めたばかりですが楽しみです!!

Re: 勉強になりました!

コメントありがとうございます!
おっしゃる通りですね!
独学でやっていくと他の系統の技術の応用にも気づけたりするので面白いです(^.^)
レザクラライフ楽しんでください!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/45-07476117

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。