スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼印ストラップの作り方 

はなうたマーケットのオフィシャルグッズ はなうたストラップ

はなうたストラップ

今回はこれの作り方です!

焼印ストラップとさせてもらっていますが、一般的な金型を使った焼印ではありません。
電気ペンで文字を書いて焼印風になっている物です。

焼印や刻印は製作するとなると結構な値段がしてしまいます。
刻印ブレスレットの作り方で紹介した方法で金型を自作することもできますが、そちらも時間がかかる方法です。

なので製作数量が少ない場合や、デザインがシンプルな場合は今回の方法で製作しています。
欠点としてはあまり精度が良くない事と、1つ1つにバラつきが出来る事です。

製作数量が数百個になる時や、精度を求める際にはしっかりした焼印や刻印の方がお勧めです。
製作数量が少ない場合や、手作り感を求める際には電気ペンがお勧めです。



最初に用意する物ですが、

hanast5.jpg

厚紙に文字を書いて切り抜いた物です。
細かいですが、デザインナイフ等で正確に切り抜きます。

これがあると複数個作る場合でもある程度の統一ができます。
1つだけしか作らないのであればこれは必要なく、直接革に文字を書いていきます。

で、これを革の上に乗せて切り抜いた部分を電気ペンでなぞっていきます。

hanast1.jpg

次に革を裁断して、金具用の穴を開け、コバを軽く磨きます。

hanast2.jpg

あとはストラップ用の金具を付けるだけ。

hanast3.jpg

これで終わりです。
今回は英字バージョンとひらがなバージョンを製作しました。

hanast4.jpg

ちなみに文字の太さについて。
もともとひらがなバージョンの方が文字が大きいのでわかりにくいですが、ひらがなバージョンの方が若干線を太くしてあります。
線が細いと引き締まったイメージになり、太いと柔らかいイメージになるので、そこら辺を考えてですね。



最後に・・・ストラップ製作の注意点を。
・接続金具は強い物を。弱い物はすぐに金具が曲がってしまいます。今回使ったのは線径1.6mmの丸カンです。
・ストラップ本体の大きさに注意。ストラップを携帯などに付けるときはストラップコードの中を一度くぐらせるようにして付けると思います。なのでストラップコードの中を通せる大きさで作らないと、完成後に後悔します。(笑)


電気ペンとペン先の加工

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/42-c8565c10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。