スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングウォレットの作り方~仕上げ編~ 

組み立て続き

前回は小銭入れまでできました。
今回は札入れ部分を作っていきます。
手つかずで置いておいた1.5mm厚の札入れと1.2mm厚の札入れを用意して、中表になるように重ねたら、写真のように穴を開けます。


P4280085a.jpg


カードが入る部分です。
この時点ではまだ縫いません。

1.5mm厚の札入れと、一番最初に作ったカード入れ×4のパーツをベースに合わせます。


P4290085a.jpg


これに穴を開けます。
接着力の弱い両面テープで貼り合わせてベースとパーツに一気に穴を開けるか、
まず片方に穴を開けもう片方に印を付けてから穴を開けるか。
やりやすい方でいいと思います。

ベースの外側は一番目立つ部分なので、そちらから穴を開けた方が完成もきれいになりますが、内側のカード入れ等重なった部分の間隔との兼ね合いももあるので、自分なりのやり方を探してください。

穴を開けたベースとパーツです。


P4290086a.jpg


これもまだ縫いません。

次は1.2mm厚の札入れと小銭入れを用意します。
小銭入れの外周は以前穴を開けてありましたが、その下に1.2mm厚の札入れを重ねて穴を開けます。
開けたらこんな感じになります。


P4290087a.jpg


これですべての穴開けが終わりました。

上が1.2mm厚の札入れで、下が1.5mm厚の札入れです。

P4290088a.jpg


この2枚は中表になるように縫い合わせます。


P4290089a.jpg


これで9個のカード入れ部分はすべて出来ました。

今度はこれを小銭入れに縫い合わせます。


P4290090a.jpg


これで札入れ部分も1つできました。
中パーツはこれで全部終わりです。
あとは中パーツをベースに縫いつければ、さらに札入れ2つができるのですが、
先にやっておく事があります。

ボタン金具の凸を留めます。


P4290092a.jpg


これを忘れると最後に苦労する事になります。

あとはベースと中パーツを写真のように接着して、


P4290091a.jpg


縫い合わせたら完成です。


P4290093a.jpg


仕上げ

では仕上げに入ります。
革の接着面は写真のような状態です。


P4290094a.jpg


接着剤の飛び出した部分を無くすためと、革の断面を揃えるために、切り揃えてからヤスリをかけます。


P4290095a.jpg


細かいヤスリをかけてからコバ処理材を使い、磨きを重ねていくときれいになります。


P4290096a.jpg


あとはコンチョ等の金具を付けて完成です。


P4280035a.jpg


仕上げは人によって使う道具も違うし、やり方も様々です。
試行錯誤して自分なりのやり方を見つけるのが一番だと思います。


ロングウォレットの作り方~下ごしらえ編~

ロングウォレットの作り方~革の縫い方編~

ロングウォレットの作り方~内側パーツ編~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/20-0dc506d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。