スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍染黒桟革 

昨年の冬の事になりますが、東京レザーフェアを見に行ってきました。
様々な革が出展されていたのですが、その際とても気になった革がありまして、お話等させていただいて使わせていただくことになりました。

と、これは半年近く前の話になります。。。

届いた革がこちらです!

5MK37496.jpg

5MK37509.jpg

姫路の坂本商店さんが製作されている藍染め黒桟革と言う物になります。
製作後に送っていただいてからあれやこれやと考えているうちに数カ月が経過してしまいました。

そもそも黒桟革とは 戦国時代の武将の武具などにも使用されていたとされる革です。

坂本商店さんでは、黒毛和牛の原皮を脱毛後に白くなめし、植物からとった「渋」を浸透 させ液状の鉄との化学変化で黒くしてから、シボ加工と漆塗り。と、とても手間のかかる作業を一貫して製作されています。

今回の藍染め黒桟革はその黒桟革に藍染めを取り入れた革になります。

生産数等も限られているため、黒桟革自体がとても希少な革ですが、さらに藍染めを施してあることでより希少に感じます。

革に藍染めと言うのは実は大変なことのようで、本来弱酸性で安定している皮革にアルカリ性の加工である藍染めを施すため、単純に染めるというだけでも無いようです。



そういった大変な手間をかけて作られた藍染め黒桟革を使わせていただき、今回やっとアイテムが完成しました。

ラウンドウォレット

5MK37788-1.jpg

名刺入れ

5MK37796-1.jpg

黒と青のコントラストがとてもきれいです。
こういったきれいな物が出来ると得られる達成感も大きくなります!
今回はシンプルなデザインですが、今後は個性あるデザインでも製作していきたいと思います。

5MK37778-1.jpg

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/181-151131b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。