スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロングウォレットの作り方~下ごしらえ編~ 

今回のアイテム

今回はバイカーズロングウォレットの製作です。
レッドクロウの一番シンプルなロングウォレットです。


P4280035a.jpg

材料と型紙

使った材料は
サドルレザーのブラック(1.2mm厚と1.5mm厚)
麻糸(中細)
ファスナー(16cm)
金具類(1921yモルガンコインコンチョ)(ドロップハンドル)
です。

型紙はこんな感じです。


P4280036a.jpg


5枚しかありませんが、同じ形の物は省いているので、実際に裁断する革はこれより多いです。
説明上適当に名前付けておきます。
中心で一番下になってるのがベース。
右下が小銭入れ。
右上がカード入れ外。
左上がカード入れ内。
左下が札入れ。

裁断する材料は
小銭入れが1.2mm厚1枚、
ベースが1.2mm厚で本図1枚と反図1枚、
カード入れ外と内が1.2mm厚で2枚ずつ、
札入れが1.2mm厚1枚と1.5mm厚2枚、
です。

本図と言うのは型紙そのまま、反図というのは型紙を裏向けに使ったものです。

印付けして裁断していきます。


P4280037a.jpg


下ごしらえ

下準備でやる事はベースの接着、ロゴの打刻、折り曲げ部の革漉き、床処理とコバ処理です。

まずはベースの接着。


P4280038a.jpg


ゴムのりを本図と反図両方の床面に塗って、手にひっつかない程度まで乾いたら貼り合わせ、圧着します。


P4280039a.jpg


次はロゴの打刻。
カード入れ外2枚のうち片方だけにロゴを打刻します。

まず右下部分を湿らせます。


P4280040a.jpg


表面にグレージング加工等してあるものは水が浸みこみにくいですが、しっかり湿らせます。
湿らせ加減は人それぞれだと思いますが、湿らせ加減が少ないと刻印が入りにくく、多すぎるとくっきり入りますが、革が伸びたり、乾くときの縮みがひどかったりします。

湿らせたら打刻部分の目印として型紙を乗せます。


P4280041a.jpg


四角い切り抜き部分に打刻します。


P4280042a.jpg


次は折り曲げ部分の漉き加工。
小銭入れの折り曲げ部分はそのままではきれいにまがらないので、曲がる部分のみ革を薄くします。


P4280043a.jpg


自分はここの漉きには彫刻等を使っています。
革漉きのコツは刃先を良く切れるようにするのと、革の下に硬い土台を置くことです。

あとは床処理とコバ処理。
床は床処理剤を塗ったら水分が乾く前にガラス板で磨きます。


P4280044a.jpg


P4280045a.jpg


コバも床処理剤を塗ったら水分が乾く前に磨きます。
自分は手ぬぐいを切って使っています。

下が磨く前で、上が磨いた後です。

P4280046a.jpg


全然違います。

これで下ごしらえは終わりです。


P4280047a.jpg



ロングウォレットの作り方~革の縫い方編~

ロングウォレットの作り方~内側パーツ編~

ロングウォレットの作り方~仕上げ編~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/17-b1298df1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。