スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクシート張替え~レザー編~ 

シートの張り替え

今回はシートの張り替えです。
以前はフェイクレザーならやった事あるのですが、本革でやるのは初めてです。

シートはこれ!

P5120044a.jpg


P5120049a.jpg




とりあえず革を外して、リベットも外します。


P5130050a.jpg


このウレタンも外します。


P5130052a.jpg


薄いウレタン1枚だけでその下は金属のベースです。
依頼主さんのご要望でもう少しウレタンを挟むことになりまして、チップウレタンをカットしてくっつけました。


P5130054a.jpg


チップウレタンは10mm厚が2枚。
ベースに合わせて適当にカットしてから、細かく合わせていって、端は斜めになるように切ります。
切るのはハサミが使いやすいです。
フィット感を考えて、直感で成形してください。笑
接着には樹脂系のオールマイティな接着剤を使いました。
ここまできたらこのシートをビニール袋で包みます。


P5130055a.jpg


濡れた革を上にのせるため、ビニール等で包まないとスポンジに水が浸みてしまいます。
ビニールで包んだら、濡らした革を上に乗せて型を大雑把にとります。


P5130056a.jpg


タンニン系の革は濡れた状態だと伸びやすく、そのまま乾かすと型がそのままで残るので、こうやって成形します。
ただ濡らしすぎるとタンニン分が抜けたり、乾くのに時間がかかったりするので、濡らし加減は適度に!!
このまま自然乾燥で乾くのを待ってから、次は裏面の革を準備します。

ベースに合わせて革をカットし、ベースの淵から気持ち外側に縫い穴を開けていきます。
ちなみにベースより外側の革はこの段階では大きめにカットしておきます。


P5130058a.jpg


今回のはリベットの穴もあるので、リベット穴も開けます。
先にリベット穴開けて、そこで仮固定してから縫い穴の目印を付け、また外してから平面で縫い穴開けると楽だと思います。
内側の革の裁断面を磨いてコバ処理したら、リベットも固定します。


P5130059a.jpg


リベット固定したら、最初に外した薄いウレタンを被せます。


P5130060a.jpg


この状態で凹凸が目立つようなら、下のウレタンチップをもう一度成形しなおさないといけないです。
凹凸も問題なければ、接着してしまいます。

あとは表の革を被せていくのですが、表側の床部分と、裏側の縫い穴からはみ出している床部分にはゴム系の接着剤を塗布しておきます。
そして表の革を被せます。


P5130061.jpg


このときにシワができないように革を引っ張りながら被せるのですが、シワがひどいなら軽く水で濡らしてやると革が伸ばしやすくなるので、シワも少なくなります。
ただこの段階で濡らす場合は、水を少なめにしないとスポンジにまで浸みこんでしまうので気を付けてください。

先にゴム系の接着剤を塗布していたのはこの引っ張る作業の時に張った革が戻らないようにするためです。
ゴム系接着剤は圧着でくっつくので、革を引っ張ったら表革と裏革の端を圧着して他を引っ張り、また剥がしてひっぱり・・・で革のシワをなくしていきます。

シワがなくなったら裏革に開けておいた縫い穴を貫通させて表革にも穴を開けます。


P5130062a.jpg


これを縫い合わせたら、縫い目より外側の表革と裏革を接着剤で接着し、切り揃え、コバを磨いたら完成です。


P5140065a.jpg

スポンサーサイト

コメント

すごく参考になりました!!
またちょくちょくお邪魔したいと思います。よろしくお願いします♪

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!

実際のところこのシート張替はかなり独学で、こうやったらできるんじゃないかな~~~という感じでやったものになりますm(__)m
お知り合いの方から実験ついでにと頼まれたものですが、予想外にきれいに出来たので自分でも驚いた次第でして・・・笑

シートの張替はそれ専門の職人さんがいらっしゃるくらい深いモノかと思いますので、自分のやり方でも参考になったのであれば幸いですm(__)m
更新遅い事がよくありますが、よかったらまたいらしてください(^^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/15-c03aef98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。