スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4つ組みウォレットロープの作り方 

4つ組みウォレットロープ


一番基本的なウォレットロープです。
4つ編みと言う事もあります。
完成品はこんな感じです。


P4240021_convert_20100424025447.jpg


使う材料は
牛5mm幅1.5mm厚レース2m×2本
ナスカン2つ


P4240001_convert_20100424024023.jpg


まずはレースをナスカンに通して、ちょうど半分になるところで2つに折ります。
レースは写真のように重ねてください。


P4240003_convert_20100424025859.jpg


ここから編み始めていきます。
まず一番右のを赤線のようにもってきます。


P4240003a_convert_20100424024109.jpg


するとこうなります。


P4240004_convert_20100424025935.jpg


今度は一番左のを赤線のようにもってきます。


P4240004a_convert_20100424024156.jpg


するとこうなります。


P4240005_convert_20100424024254.jpg


同じようにして、左右交互に一番外側にあるのを引き締めながら編みこんでいきます。


P4240007_convert_20100424024335.jpg


あとはひたすら繰り返して、ロープの長さが50cmくらいになるまで編んでいきます。


P4240008_convert_20100424024415.jpg


ここからは末端の処理ですが、やり方はいろいろあります。
ナスカンを付けたあとに金具で留めたり、グルグル巻いて引き締めたり・・・

自分がよくやるのは4つだたみ(逆回り)+4本芯入り玉留めなので、それを説明します。
ちょっとややこしいですが・・・

ロープの末端(赤丸)の部分をしっかり整えます。


P4240008a_convert_20100424024517.jpg


赤丸部分をひっくり返してしっかりとした4つ股になるように置きます。


P4240009_convert_20100424024554.jpg


レース2本をもう1つのナスカンに通します。


P4240010_convert_20100424024637.jpg


ここから反時計回りにレースを重ねていきます。


P4240011_convert_20100424024835.jpg


P4240012_convert_20100424024801.jpg


4本とも重ねるとこうなります。


P4240013_convert_20100424024909.jpg


バランス良く引き締めます。


P4240014_convert_20100424024941.jpg


これが4つだたみ(逆回り)。
しっかり引き締めたらレース2本をナスカンの穴に通して・・・


P4240015_convert_20100424025020.jpg


今度はナスカンが下になるように上下をひっくり返します。


P4240016_convert_20100424025053.jpg


この状態で4つだたみ(順回り)をします。
今度は順回りなので、時計回りにレースを重ねていって・・・


P4240017_convert_20100424025127.jpg


この状態ではまだ引き締めません。
今度はレースを赤線のように通します。


P4240017a_convert_20100424025218.jpg


こんな感じになります。


P4240018_convert_20100424025251.jpg


同じように残りの3本も通して行きます。


P4240019_convert_20100424025342.jpg


わけわからないいですね。笑
自分も時たまわからなくなるので~~~まぁそんなものです。

あとはこれを引き締めると・・・


P4240020_convert_20100424025415.jpg


4本芯入り玉留めの完成です。
あとはレースの先端を適当な長さに揃えてやれば4つ組みウォレットロープの完成です。


P4240021_convert_20100424025447.jpg




スパイラルウォレットロープの作り方

6つ組みウォレットロープの作り方

スポンサーサイト

コメント

感謝!感謝です

唐突のコメント恐縮です。
僕が知りたかった止め結びを丁寧に説明してくださってありがとうございます!
大変参考になりました!

ニトロさん

参考になったのであれば幸いです(^^)
コメントありがとうございましたm(__)m

ウォレットロープを編むのに必要量を教えてください

突然のコメ失礼します。
全量2.4mほど用意してとりあえず一本編んでみたのですが、仕上がりが短い物になってしまいました。そこで、編み上がり60cmを想定した場合どの位必要なのでしょうか?

Re: ウォレットロープを編むのに必要量を教えてください

コメントありがとうございます。
必要な長さについてですが編み込みの力加減でも違ってくるので参考程度になりますが。

ここに載せてあるものは2m×2本で製作、完成時の編み込み部分が50cm程度でそのまま垂らしてある部分が20cm程度×4本になります。
垂らしてある部分を含めず考えると1.6mのレース2本で50cm程度の編み込み部分が得られることになります。

ですので編み込み部分で60cmの物ですと1.9m程度のレース2本があれば最低限作れることになり、あとは垂らす部分の長さ等を必要分足していただければという感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clawleather.blog107.fc2.com/tb.php/12-09f676ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。