天体写真 

最近撮った天体写真です(^^)


去年の12月にあった皆既月食!

IMG_4116.jpg

赤い月って幻想的です。
自分が持っているレンズの最大望遠側は200mmまでなので、仕方なく撮った写真をトリミングしちゃいました。


オリオン座!

IMG_4184.jpg

IMG_4183.jpg

仕事で群馬の方に行く事がよくあるのですが、周りに明かりが少ない所なのでめちゃくちゃ星がきれいに見えるんです。
寒い中頑張ってみました(^-^)



次は流星を撮ってみたいんですが、流星は運次第らしいので何回かチャレンジしてみないと難しそうですね(+o+)

ボケのテストと歪曲収差 

先日購入したCANON EF50mm F1.8 II。

F1.8とはいかほどのものか!
テストしてみました(^-^)

それでは早速CANON EF50mm F1.8 IIで撮った絞り値1.8の写真!
ピントは中央から少し下の刻印(風彩)の文字部分に合わせてあります。

IMG_4523.jpg

続いて標準ズームレンズCANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIで撮った写真。
ほぼ同じ大きさで写した際の最小絞り値は5.6なので5.6で撮影!

IMG_4563.jpg

全然違いますね・・・
1.8だと刻印が極端にはっきり写っているため、そこに視線が集中します。


ちなみにCANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIのもっと広角側で撮った場合の絞り開放は3.5。
ってことで参考までに同じ構図で3.5でも撮ってみました!
もちろんCANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIでは50mmの焦点距離でこれ以上絞りを開けれないので、CANON EF50mm F1.8 IIを使って撮影。

それではCANON EF50mm F1.8 IIで絞り値3.5の写真。

IMG_4525.jpg

う~ん。。。
絞り変えるだけでやっぱ写真のイメージが全然変わってきますね(^-^)
面白い!



さて!
絞り値によるボケのテストをしていたわけですが、今回はレンズの性能チェックも少し兼ねていまして。
ってことで続いては歪曲収差です。
歪曲収差はレンズ構造が複雑になる高倍率ズームレンズほど出易いとのことで。
自分が持っているSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSMで確認してみました!

まずはCANON EF50mm F1.8 IIで撮ったこちらの写真。
目印として棚の所に赤い直線をひいてあります。

IMG_4528-2.jpg

棚はほぼ真っ直ぐですね(^-^)

続いてSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSMで撮った写真。
こちらも目印として棚の所に赤い直線をひいてあります。

IMG_4547-2.jpg

棚が曲がってる~(゜▽゜)笑

一度認識すると赤い直線をひいていない写真でもはっきりわかります。

こちらがCANON EF50mm F1.8 IIで撮った写真。

IMG_4528.jpg


こちらがSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSMで撮った写真。

IMG_4547.jpg

今回の焦点距離はSIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSMにとって糸巻き型歪曲収差が一番出やすいあたりだったのではないかなと思います。


それにしてもやっぱりレンズって奥が深いですね。
しっかりした写真を撮りたいならやはり単焦点レンズですが、高倍率ズームレンズの手軽さも捨てがたい。
状況状況に応じた使い分けが大切だなって思いました(^-^)

ってそんな事を言い出したらレンズ沼にはまってしまいそうな自分が怖い(+o+)笑

2012年 

新年明けましておめでとうございますm(__)m
本年もよろしくお願い致します(^-^)


昨年は仕事において出店に力を入れていったり、趣味では写真を始めたりと、チャレンジの年でした!
今年も引き続きチャレンジし続ける年でありたいと思います。



手作り品って言うとどうしても趣味としての位置付けが多いかと思います。
手作りを趣味にする。とてもいい事ですよね(^-^)
ですが自分としてはさらに、趣味ではなく仕事としての道もあるって事をより多くの方に知っていただきたいんです。

そもそも大量生産が当たり前の世の中です。
作れる数も少なく、原価も高くなってしまう手作り品を敢えて仕事にする人は少ないでしょう。
デフレ、デフレと言われ、どんどん物の価値が下がっていく中ではなおさらです。

しかし!!!
やっぱり手作り品には手作り品にしかない良さがあるんです。
自分がメインにやっている革製品で言いますと、
耐久性が高い。修理ができる。フルオーダーができる。
このあたりが大量生産品と手作り品を比べた時の手作り品の利点だと思います。

自分が手にする物によりこだわりたい。
長く大切に使いたい。

そんな方にはやっぱり手作り品を選んでいただけると信じてやっています。

2012年!ファイト~~~(^O^)/


さて!
こちらのブログで時たま書いている作り方記事ですが、最近ネタ不足です。笑
なにかこういうのが知りたいとかありましたらご要望をお聞かせください(^◇^)