スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Street Night Vol.4 撮影どうのこうの 

デジタル一眼レフはコンデジに比べて撮像素子が大きいので画質がいいことはもちろん、他にも様々な魅力があります。
シャッター速度や絞りが細かく調整できたり、高感度での撮影にも強かったり。

デジタル一眼レフの事をちょっと説明してみます!適当ですが・・・

<撮像素子>
これはフィルムカメラでいうフィルムです。
デジタル一眼はここに当たった光を画像として処理します。
デジタル一眼と通常のコンパクトデジカメではこれの大きさがかなり違います。
有効画素数が仮に同じでも実際に光を受けるこの撮像素子の大きさが違う事により画質が異なってきます。

<シャッター速度>
普段レンズと撮像素子の間にはミラーがあります。
レンズから入った光はこのミラーに当たり、カメラの中を数回反射して、ファインダーを覗いた時に見える画像になるわけです。
シャッターを押すとこのミラーは上に上がり、さらにミラーの奥にある光を遮っている幕が動きます。
つまりシャッターを押した瞬間、レンズと撮像素子の間にある遮蔽物が無くなり、撮像素子に光が当たる事になります。
このレンズと撮像素子の間に遮蔽物が無くなる時間がシャッター速度です。

1/1000秒とかのシャッター速度であれば動いている被写体もその瞬間をはっきりとした画像にできます。
1秒とかのシャッター速度であればその1秒の間に動いた被写体はその動きが画像に残ります。

<絞り>
レンズから入って撮像素子に当たる光ですが、その入ってくる光の量を調整する機能がレンズの方にあり、それが絞りです。
絞り値と言ってF2.8とかF11とかで表わされるのですが、数字が小さいほど光が多く入り、数字が大きいほど少ない光しか入りません。
絞りは光の量だけでなく、被写界深度というものにもかかわってきます。
被写界深度とはピントの合う範囲で、絞り値が少ないほど被写界深度は浅くなり、ピントの合う距離が狭くなります。逆に絞り値が大きいほど被写界深度は深くなり、ピントの合う距離は広くなります。

F2.8とかだとピントが合っている被写体ははっきり写り、遠い被写体はボケた画像になります。
F11とかだと近い被写体から遠い被写体までピントが合った画像になります。

<露出>
簡単に言うと画像が明るいか暗いかといった感じです。
暗い画像は露出アンダー、明るい画像は露出オーバーとなります。
この露出はシャッター速度と絞りの組み合わせで決まります。

動く被写体をはっきり撮影するときは、シャッター速度を速く(光の入る時間を短く)し、絞りを開け(光の入る量を多く)て適正露出にします。
景色などでピントが広く合っている撮影をする時は、絞りを絞り(光の入る量を少なく)、シャッター速度を遅く(光の入る時間を長く)して適正露出にします。

<ISO感度>
撮像素子で光を感知するわけですが、この感知する感度です。
数値が大きくなるほど高感度となり少ない光でも撮影できますが、高感度にするほど画像にノイズが多くなり画質が粗くなります。
感度を上げれば暗い場所でも速いシャッター速度で撮影できますが、感度を上げると画質が粗くなるため、どうしてもシャッター速度が必要な時だけ感度を上げるといった感じに使います。

ISO感度は新しい機種や上位機種ほど高感度でもノイズが少なくなります。


ざっくり説明するとこんな感じです!
基本さえ覚えておけばあとは何となくで楽しめます。笑

ってことでStreet Night Vol.4の時の写真を何点か。。。

IMG_0008.jpg
シャッター速度:1/100秒 絞り値:F5.6 ISO:200

被写体はAVANT GARDEのYUUくんとそのバイク!
絞り値が小さい&気持ち流し撮りで、背景は若干ボケ気味。
低速走行中なのでシャッター速度1/100秒で被写体ははっきり。


IMG_0167_20110728135552.jpg

シャッター速度:1秒 絞り値:F3.5 ISO:640

被写体はショウくん。
手に持ったライトで数字の1を描いているところを1秒のシャッタースピードで撮影。
1秒間の間に動いたライトの動きがそのまま画像に残ってます。
手持ちなので全体的に少しぶれています・・・笑


IMG_0431.jpg

シャッター速度:1/13秒 絞り値:F4 ISO:3200

被写体は参加者さんが帰宅する時の走行写真。
この日一番うまくいった流し撮りです。
流し撮りとは被写体の動きに合わせてカメラの向きを変えることにより、動く被写体のスピード感を表現する撮り方。
仮に25km/hで走行しているとしたら1/13秒で約50cmほど移動します。
カメラの向きを固定していたらその分被写体がぶれるのでそうならないように被写体を追いかけて撮ります!


IMG_1633.jpg

カメラマンよっしーさん撮影
シャッター速度:30秒 絞り値:F10 ISO:100

被写体はバイク。
シャッター速度が30秒という事で、その間にいっぱい動いた人はほぼ透けて見え、止まっていた人ほどはっきり見えます。
絞り値10で広い範囲にピントが合っていて、ISO100なので画像もきれいです!


IMG_1630_20110728135551.jpg

カメラマンよっしーさん撮影
シャッター速度:30秒 絞り値:F10 ISO:100

被写体はバイクと光。
手前に移っている光はバイクのヘッドライトとブレーキランプの軌跡。
個人的にはこれぞ一眼レフみたいな使い方ですね!
光がとてもきれいに写っています!!


以上!!
デジタル一眼レフによる写真でした。
使い方次第でほんといろいろな写真が撮れる一眼レフ。
やっぱ楽しい(^-^)

スポンサーサイト

Street Night Vol.4 お気に入りショット 

バイクを撮るときに前の斜め下から撮るのが好きです!!
ってことでお気に入りフォト(^-^)

IMG_0005.jpgIMG_0030.jpg

IMG_0032.jpgIMG_0033.jpg

IMG_0084.jpgIMG_0088.jpg

IMG_0089.jpgIMG_0126.jpg

IMG_0140.jpgIMG_0291.jpg

IMG_0144.jpgIMG_0173.jpg

IMG_0294.jpgIMG_0296.jpg

IMG_0297.jpgIMG_0299.jpg

IMG_0300.jpgIMG_0338.jpg

IMG_0207.jpg

IMG_0304.jpg

IMG_0208.jpg

IMG_0212.jpg

次回は撮影のどうのこうので!!

Street Night Vol.4 イベント報告 

IMG_0167.jpg

IMG_0168.jpg

IMG_0169.jpg

IMG_0170.jpg


ってことで!!!

先日開催されたStreet Night Vol.4

天気にも恵まれ素晴らしいイベントになりました!!

IMG_0175.jpg

IMG_1379.jpg

IMG_0185.jpg

IMG_1578.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_1630.jpg

総BIKE台数200台オーバー!
総参加人数300名オーバー!!

参加されたみなさんお疲れさまでした!
岐阜だけでなく、 愛知、三重、静岡、滋賀、大阪、長野などからも参加された方がみえたようで(^^)

イベントの詳しいレポートはAVANT GARDEのブログで掲載されていますのでそちらをご覧ください!
大量の写真も後日アップされていくとのことです。

大量の写真はAVANT GARDEのYUUくんにお任せするとして、
当ブログでは今回のイベントでのお気に入りショットや変わった撮影方法による写真などを紹介していこうかと思います。。。笑

なので次回はまずお気に入りショットから掲載せさせていただきます!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。