スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォレットホルダーの作り方 

今回の作品はコレです。

P3020089_convert_20100302194444.jpg

材料
牛革20ds程度、3mmレース15m、2mmレース1.5m、回転カン、芯材(ボンテックス、アルミ板)、床革(1mm、2.5mm)

型紙を作ってから材料を切り出します。

DVC00065_convert_20100302195045.jpg



では組み立て開始。


まずはセンターの編みこみ

DVC00068_convert_20100302195214.jpg


これがこうなります。

DVC00069_convert_20100302195233.jpg


背面は合成ゴム系の接着剤を使って接着。

DVC00070_convert_20100302195257.jpg


ベルトループ部分も同じように接着したら、全体の裁断面を整えてから磨き、レース用の穴を開けます。

DVC00076_convert_20100302195337.jpg


あとは全体をレースで編みこみます。

P3010042_convert_20100302194709.jpg


あとは金具を付けたら完成。
ちなみにウォレット&ロープを合わせるとこんな感じになります。


P3020077_convert_20100302194600.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。